海外トピックス

  • スクリーンタイムと若者のメンタルヘルス

    2019:04:19:15:31:59
  • 2019年04月19日

若者にとって、スクリーンタイム(※訳者註:スマホやPC、テレビなどの画面の前で過ごす時間)の長短は、メンタルヘルスとあまり関係がないのかもしれない。
 
10代の若者17,000人超のデータを分析し、今般『Psychological Science』に掲載された研究は、青年期におけるスクリーニングタイムと幸福度との関係についてのエビデンスをほとんど示さなかった。
 
調査では、アイルランド、米国、英国のデータを用いた。アイルランドのデータは Growing Up in Ireland プロジェクトが追跡した5,363人の若者を対象としたもの。米国のデータは、United States Panel Study of Income Dynamics がまとめたさまざまな年齢層にまたがる709人の被験者データ。英国のデータは、Millennium Cohort Study の一部である11,884人の若者のデータであった。
 
この研究結果は、特に就寝前にテレビやオンラインゲームに興じることがメンタルヘルスによくないという、世間一般に広まった概念に疑問を投げかけている。
 
 
5-APR-2019