海外トピックス

  • ネアンデルタール人と現生人類は80万年前に分岐した

    2019:05:24:12:02:06
  • 2019年05月24日

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの Aida Gomez-Robles 博士らの研究によれば、ネアンデルタール人と現生人類は、少なくとも80万年前に分岐した。
 
研究では、初期ネアンデルタール人に焦点を当てて、さまざまなヒト族人種の歯の進化過程を分析した。その結果、スペインの Sima de los Huesos 出身のヒト族(ネアンデルタール人の祖先)の歯が、従来の想定よりも早く、現生人類につながる系統から分岐していたことが分かった。
 
 
現生人類は、絶滅したネアンデルタール人と共通の祖先を持つ。しかし、それらがいつどのようにして分岐したのか。その詳細は人類学上の大問題である。
 
今回の研究は、ホモサピエンスの祖先にあたる種とネアンデルタール人とを識別するにあたって、意義深い研究である。
 
この研究は『Science Advances』に掲載された。
 
 
15-MAY-2019