海外トピックス

  • 医師にもっと栄養学の知識を

    2019:07:26:09:59:35
  • 2019年07月26日

今日の医師にとって、栄養学の知識は不可欠である。肥満や糖尿病、心臓病、がんの多くが、不健康な食生活によって引き起こされる。しかし、多くの医師がこういった問題を好転させるための知識を持ち合わせていない。2018年の調査では、内科レジデントの61%が栄養学のトレーニングをほとんど受けていなかった。
 
こういった背景事情を踏まえ、責任ある医学のための医師委員会(Physicians Committee for Responsible Medicine)の Neal Barnard 会長は『JAMA Internal Medicine』に、論説記事を寄稿した。Barnard 会長の提言の5つのポイントは次の通り。
 
(1)栄養学をすべての医師向けの継続的な医学教育プログラムに組み入れるべきである。
(2)医師は栄養士と連携すべきである。
(3)電子カルテには、カスタマイズ可能な栄養に関する問診票と関連資料が組み込まれるべきである。
(4)医師はロールモデルとなるべきで、健康的な食生活をモデル化し、実践すべきである。
(5)医学会は、病院や学校をはじめ、より健康的な食生活が送れる環境の支援に努めるべきである。
 
 
2-JUL-2019