海外トピックス

  • 医師の燃え尽きに関わるコスト

    2019:09:06:08:36:11
  • 2019年09月06日

医師の燃え尽き症候群は、社会に大きな経済的負担を課しており、米国の医療制度におけるコストは年間約46億ドルと推計される。
 
シンガポール国立大学とスタンフォード大学、メイヨークリニック、米国医師会のメンバーからなる研究チームは、既往研究や業界レポートをもとに数理モデルを開発し、医師の離職や臨床診療の減少など、医師のバーンアウトに関連する費用を推計した。
 
推計結果は、医師の燃え尽き症候群を減らすための政策や各組織での対策に、相当な経済的価値があることを示唆している。
 
この推計結果は、『Annals of Internal Medicine』に論文として掲載され、また、関連する論説も同誌に掲載された。
 
 
27-MAY-2019