海外トピックス

  • 赤ワインと腸の健康

    2019:09:20:16:15:32
  • 2019年09月20日
  •  

赤ワインを飲む人は、飲まない人に比べて、腸内微生物叢の多様性があり、肥満や悪玉コレステロールのレベルが低い。キングス・カレッジ・ロンドンの Caroline Le Roy 博士らの研究が明らかにした。
 
研究では、英国の女性双子916人を対象に、ビールやサイダー、赤ワイン、白ワイン、スピリッツが腸内微生物叢に及ぼす影響を調査した。分析の結果、赤ワインを飲む人の腸内微生物叢は赤ワインを飲まない人に比べて多様であることが分かったが、これは、白ワインやビール、スピリッツの消費では、観察されなかった。
 
腸内微生物は人間の健康に重要な役割を果たす。腸内の善玉菌と悪玉菌の不均衡は、免疫力低下や体重増加、高コレステロールなどにつながる恐れがある。腸内微生物の多様性は、腸の健康指標とみなされている。
 
この研究は、学術誌『Gastroenterology』に掲載された。
 
 
27-AUG-2019