海外トピックス

  • 電子タバコの煙への曝露によってマウスが肺ガンを発症

    2019:10:18:08:24:39
  • 2019年10月18日

電子タバコ(E-cig)の煙への曝露によって、マウスが肺ガンを発症した。10月7日、『National Academy of Sciences』に公開された研究である。
 
ニューヨーク大学医学部の Moon-shong Tang 博士らは、40匹中23匹のマウス(57.5%)に、電子タバコの煙に曝されると、膀胱過形成や細胞が増殖しやすくなる遺伝的変化、ガンに見られる異常な組織成長があったことを明らかにしている。
 
研究では、マウスは人間のように煙を吸っていないが、代わりに煙に囲まれた状態であった(全身曝露)。
 
タバコの煙は、人間が日常的にさらされる環境リスク因子のひとつだが、電子タバコのリスクについてはまだよく分かっていない。Tang 博士らは、電子タバコの煙のリスクについて、徹底的に研究する必要性を主張している。
 
 
7-OCT-2019