海外トピックス

  • 世界最速のアリ

    2019:10:25:05:07:11
  • 2019年10月25日

炎天下に外に出るのは狂犬と英国人だけ(by Noël Coward)と言うが、サハラ銀アリ(Cataglyphis bombycina)も加えるべきだろう。
 
サハラ砂漠に生息するこのアリは、日中の最高気温が60℃に達する環境下を猛烈な速さで駆け抜ける。今般、ウルム大学の Harald Wolf 教授らは、そのスピードを測定し、サハラ銀アリが史上最速のアリであることを明らかにした。
 
 
研究チームの発表によれば、サハラ銀アリは足を最大毎秒1,300mmの速度で振ることにより、これまで記録されたアリの中で最速の秒速855mmに達したという。これは毎秒自身の体長の108倍の距離を進むという速さであり、カリフォルニア沿岸ダニ(毎秒体長の171倍)、オーストラリア・タイガー・ビートル(毎秒体長の337倍)に次ぐ、世界最速の生物の一角を占める。
 
この研究は『Journal of Experimental Biology』に掲載された。
 
 
16-OCT-2019