海外トピックス

  • ハイパー・リアリスティック・マスク:超精巧な人工顔面

    2019:11:29:04:29:26
  • 2019年11月29日

ハイパー・リアリスティック・マスク(画像)は、シリコン等のソフトな素材でつくられ、現実の人間の顔を模倣してデザインされている。
 
 
今般、ヨーク大学と京都大学の研究チームは、このマスクをかぶった写真と人間の顔実物の写真の2つを見せて、どちらがマスクを着用しているかを判断してもらう実験を行った。
 
驚くべきことに、研究参加者の約2割は誤った選択をした。また、写真と参加者の人種が異なる場合には、さらに判別精度が低下した。
 
「いまのマスクはとても実物に近く、多くの人にとって人工の顔と本物とを区別するのは難しいでしょう」と、ヨーク大学心理学部の Rob Jenkins 博士は言う。また、このようなマスクが存在することを知らない人が多く、実際に犯罪に使われたケースもあるという。
 
この研究論文は、オープンアクセスジャーナル『Cognitive Research:Principles and Implications』に掲載された。
 
 
 
20-NOV-2019