海外トピックス

  • 国際骨粗しょう症財団による報告書

    2020:01:24:09:27:40
  • 2020年01月24日

世界骨粗しょう症デー(10月20日)を記念して、国際骨粗しょう症財団による報告書『IOF COMPENDIUM OF OSTEOPOROSIS』が公表された。
 
報告書では、骨粗しょう症の病態生理、リスク因子、予防と疾病管理に関する情報をまとめるとともに、骨粗しょう症および関連する骨折に関する疫学データを提供している。
 
2019年、G20諸国は初めて、高齢化をグローバル・リスクと位置付けた。今後、15-64歳の生産年齢人口に占める65歳以上の高齢者人口の比率は、世界各地で驚くべき速度で上昇すると予測されている。医療を通じて高齢者の自立と可動性(mobility)を確保することは、まさにグローバルな課題である。
 
 
22-OCT-2019