海外トピックス

  • 病院の患者ポータルの問題点

    2020:01:31:10:41:45
  • 2020年01月31日

米国の多くの病院が、患者ポータル(patient portals)と呼ばれるセキュリティを備えたオンライン・ウェブサイトを持っている。しかし、Regenstrief Institute とインディアナ大学医学部の研究によれば、多くの病院では、ポータルの使い方について、患者に十分な情報提供ができていない。
 
研究では、米国の主要4地域から50ずつ無作為抽出した200病院を調査対象とした。調査の結果、89%(177病院)に患者ポータルがあり、そのうち66%(116病院)がセキュリティを備えたメッセージング機能を有していた。しかし、それらの過半数の病院で(58%、65病院)患者向けの操作説明を欠いていた。
 
 
患者ポータルの説明は、医学情報に基づき患者に何かを説明するというよりも、サインイン方法などの運用についての情報や責任範囲などの法的情報の説明に終始しがちであった。第一著者であるRegenstrief Institute の研究員 Joy L. Lee 博士は、これでは患者がサービスを適切に利用して利益を得るのは難しい、と指摘する。
 
この研究は『Journal of General Internal Medicine』に掲載された。
 
 
16-DEC-2019