海外トピックス

  • ディープフェイクを見破る技術

    2020:02:07:07:52:26
  • 2020年02月07日

動画内の人物は、果たして人間なのかそれともCGなのか。今般、これを識別する革新的な方法が『Journal of Electronic Imaging』に掲載された。
 
人間は、動画シークエンスから抽出可能なパルス信号を出すが、CGで作られた人物はそうではない。論文では、動画の人物の顔から抽出した信号をもとに心拍数を推定するアルゴリズムに焦点を当て、推定された心拍数を統計処理することで、その人物が自然人なのかCGなのかを識別できることを実証している。
 
昨今、機械学習とCG技術の進歩によって、動画内の人物の顔がコンピュータで生成された人物の顔に置き換えられるディープフェイクが広まっている。このテクノロジーはすでに公開されており、映画や広告に使われているほか、詐欺にも使われている。
 
研究論文の著者は、トレント大学工学・コンピュータ科学専攻博士課程の Mattia Bonomi 氏と Giulia Boato 助教である。
 
 
21-JAN-2020