海外トピックス

  • 組合せ最適化問題を高速処理する新技術

    2020:03:06:05:20:12
  • 2020年03月06日

東京工業大学の研究チームは、組合せ最適化問題を旧来よりもはるかに高速に解決可能な新たなプロセッサ・アーキテクチャを設計した。
 
 
組合せ最適化問題は、例えば金融分野におけるポートフォリオ最適化の問題、物流分野における「巡回セールスマン問題」等、複雑な問題として名高い。変数が多くなると組合せの数が膨大になるため、従来のコンピュータでは処理が困難である。それゆえ、特殊なプロセッサ・アーキテクチャ設計が非常に重要である。
 
この新たなプロセッサ・アーキテクチャは STATICA と呼称。研究プロジェクトを主導したAIコンピューティング研究ユニットの本村真人教授は「特定の条件下で従来のアプローチとSTATICAは同じ解を導き出すことを証明しました。しかし、STATICAはN倍少ないステップで行います。Nはモデル内のスピン(訳者註:磁性材料内の原子)の数です。」
 
 
26-FEB-2020