海外トピックス

  • 意外に高かった砂糖税への支持

    2020:03:13:08:15:45
  • 2020年03月13日

今般、ゲッティンゲン大学が行った消費者調査によれば、栄養に関する政策介入に対しては明確な支持がある。この結果は、学術誌『Nutrients』に掲載された。
 
この調査は、年齢・性別・教育歴・地域等についてドイツ人口を代表する形で抽出した1,000人超を対象とし、現在議論されている糖度の高い食品や飲料に関する各種規制や課税措置等について尋ねたオンライン調査である。
 
その結果、調査対象者の概ね6割以上が州による政策介入に賛成だった。その範囲は、政策ごとに34~79%の間であった。調査対象者の約4分の1は同テーマに無関心であり、約11%は基本的に反対の立場であった。
 
食生活に関連した疾患の増加は社会負担増につながりかねない。しかし、これまでのところ、ドイツの政策当局は、他国と比較して、国民の食習慣への介入には消極的である。
 
 
11-MAR-2020