海外トピックス

  • 科学コミュニケーション序論

    2020:03:20:23:20:52
  • 2020年03月20日

科学についてのコミュニケーションには、単に「事実を伝える」以上のものが求められる。
 
地球規模の課題が存在し、日進月歩に技術開発がなされ、情報過多の今日にあって、効果的な科学コミュニケーションには、慎重な検討や設計思想が必要である。
 
今般刊行された『科学コミュニケーション序論』(Science Communication:An Introduction)は、科学コミュニケーションにおける理論と実践とを結びつける、簡潔で読みやすい教科書である。
 
同書籍では現在、単に科学について話すことから市井の人々との対話・交流へと移行していること、そして、特に健康や環境の分野において科学コミュニケーションの重要性が増していること等が論じられている。
 
内容は、科学コミュニケーションの哲学から最近の研究、そして科学ジャーナリズムまでをカバーし、各章は個々に独立しており、任意の章から読み進めることができる。
 
 
3-MAR-2020